HOME>クチコミ>相続対策なら専門家相談が一番!相続税対策も必須

相続対策なら専門家相談が一番!相続税対策も必須

男女

相続問題は事前対策をすることで未然に防ぐことができます。相続対策には相続税対策も含まれ、相続に関わる様々なことについて専門家に相談しておくとスムーズでしょう。相続の対策について経験者に話を聞いてみました。

みんなの声

節税の方法を教えてもらえました!【40代/女性】

心配事に家族の病気などがあるでしょうが、今のところは家族や親等が健康に過ごせています。ただ自分自身の親や夫の親などはそれなりに高齢になっていて、万が一のことを考える必要があります。そこでまず相続対策として何をすべきかを弁護士に相談しました。事前に話し合いをしていないともめる可能性があるので、遺産分割などの話し合いをしておくのが良いとのことでした。遺言書の作成も効果があるとの話もしてもらえました。税理士には相続税対策に何かすべきことはないかを相談しました。今のままでは税金がかかる可能性があるため、生前贈与などを利用して早めに資産を現役世代に移しておくと良いと教えてもらいました。早めに行えば遺産が減り、税金も節税できそうです。

不動産を売った方がお得かどうか確認してもらえました【50代/男性】

親が老後の生活に困らないようにとアパートなどへの投資をしています。サラリーマンとして働いているときに投資をしていたようで、その後定年退職した後も年金だけでなく家賃収入が得られていました。これで生活が大分楽になっていたようです。親はまだまだ元気ですが、高齢なので将来を心配しているようでした。そこで相続対策や相続税対策に何をしたらいいか専門家に相談することにしました。不動産は売った方がいいのか残した方がいいのかの確認ができました。遺産分割をする上では不動産は分けにくいので売却してお金にした方が良いと言われました。一方税金の面では不動産は資産価値を低くできるので、保有しておいた方が節税になるようです。このまま持ち続けて、分ける時に売るかどうか判断するのがよさそうだとわかりました。

広告募集中